前へ
次へ

ワキガ治療のダウンタイムについて

小さな頃から少し匂いがきになるなと思っていましたが、思春期になりやはり自分はワキガだと思った時からは本当に周りの目が気になるようになり、かなりコンプレックスになっていました。
ワキガ治療をしようと思い、アルバイトをしてお金を貯めて、いざクリニックに行きカウンセリングを受けると、やはり切る方法に対して恐怖はありました。
でも根本から解決させるためにはこれしかないと思い、チャレンジすることにしました。
ワキガ治療の施術自体はそれほど時間もかからず日帰りでしたが、その後数日お風呂に入ることができなかったり、多少の痛みなどのダウンタイムはありました。
でも、傷跡も小さいしそれほど驚くほどのダウンタイムがあったわけではなかったのでホッとしました。
しばらく経過すると傷跡もほとんど気にならないレベルになったし、匂いもきちんとなくなったのでワキガ治療をしてみて本当に良かったなと心から思うことができて良かったです。

Page Top